メディアの中のタイツ。 Archives

2005年07月15日

[メディアの中のタイツ。]
萌え界のタイツアンテナ 「しぶしぶのオタ日記」

■昔、「リーダースダイジェスト」というアメリカ系の雑誌がありまして。
簡単に言えば本の内容をダイジェストで紹介する雑誌だったんですが、
メディアの多様性の中で総合性を維持するのが難しく、休刊になってしまいました。

いまの出版界でも総合誌というのは軒並み苦戦しているんですが、
ネットの世界ではコストがかからないので、逆にニュースサイトが大流行ですな。

で、この「しぶしぶのオタ日記」。
運営している方がタイツ属性に強い反応を示す人なので、
オタクアイテムでタイツ臭のするものを見事にピックアップしてくれる、
大変ありがたいタイツアンテナの機能を持っているのですね。

すごいのはこのサイト、単なるニュースサイトなんかではなくて
全部自分で買った物をレビューしてくれているんです。
なんという、ものすごいコストとエネルギー。
(さぞかし部屋の中に刃物が増えて大変そうな。)
毎日ここを見ていれば、萌え系のタイツアイテムを知ることができるわけで、
大変ありがたいサイトです。(月吉さんのマンガもここで知りました)
タイツを抜きにしても、「萌えデザイン原論」は圧巻。
ぜひあなたのブックマークに追加することをお勧め。

2005年05月20日

[メディアの中のタイツ。]
雑誌斜め読み 2005年5月中旬

    

●女の子が読む雑誌の中でもっともタイツに好意的なのは「Zipper」だとわかりました。
現在発売中の6月号では当然夏物ファッションメインに扱っているのに、
カラータイツが夏のアイテムとして当然のように繰り返し出てくる凄まじさ。(画像左)
読者のファッションチェックも当然のように半数が黒タイツで、
中にはデニムのホットパンツに白タイツなんて女の子の写真まで出ています。
ああ、おれはこれから毎月この雑誌を買うよ。(祥伝社・450円)

●んで意外な拾い物が「週刊アスキー」の今週号。(画像中央)
青木光恵のまったくパソコンが出てこない連載マンガの冒頭に
旅先の静岡で見かけたと思われるタイツ少女のイラストが。
黒タイツにスニーカーの少し太めの足首とふくらはぎのカーブが秀逸です。
これをリトグラフにしてくれれば絶対買うのに。(アスキー・300円)

●最後はお約束というかなぜかパンストネタが多い「egg」。
バニーガールのコスをした女の子3にんがなぜかレオタードの下に
網タイツでなくて黒パンストをはいて白スニーカーで100m走。
そのパンストもオールスルーじゃなくてガードル部分がばっちりあるやつだから
もう恥ずかしいったらありません。(画像右)
あ~、もっとギャルの間でパンスト流行らないかな~。(太陽図書・490円)

以上、今月の雑誌斜め読みでした。

2005年01月04日

[メディアの中のタイツ。]
「egg」100号記念号に見るタイツ事情。

   

■生脚コギャルの総本山的雑誌「egg」を買ってみた。

開けてびっくり、なんといままで一度も見たことがなかった
紫カラータイツ着用モデル写真を2件も発見してしまった。(写真上左・下左)
さらに渋谷トレンド情報のコーナーに柄タイツが流行という記事も発見。(写真下中央)

どうなっているんだ。
何があったというんだ。
うれしすぎる
おまけに100号記念パーティ報告には顔スト写真まであるじゃないか。(写真下右)

今年のシーズン前、「JJ」における黒タイツ度の少なさを見て
タイツ・パンスト離れを危惧した2004~2005シーズンだったが、
街で見かけるタイツは意外に多く、裏原系の若い娘がハーフパン&タイツで
予想外のタイツ脚を見せている今シーズン、意外と若い世代の
タイツ&パンスト忌避の風潮が弱まっているのかもしれない。

フクスケさん、グンゼさん、アツギさん、今年は攻勢をかける勝負の年かもしれませんぜ。

    

2004年05月21日

[メディアの中のタイツ。]
「恋風」の七夏(なのか)タンの白タイツに萌え萌え。


 
■また「恋風」ネタですいません。
 
ついに実の兄に「好き。」と言ってしまった七夏タン。
「あいつが妹でなければ・・・」と煩悩を深める兄・耕四郎。
 
で、物語は単行本換算で3巻に突入。
兄の会社に書類を届ける七夏タソ。
その足元たるやストラップシューズに白いタイツ!ありえません。
 
実は単行本では(白黒なので)わからなかったこの足元、
カラーのアニメになって、初めて白タイツであったことが証明されて
私は身の置き所がなく、くるくる回ってしまいました。 ハアハア。
(テレビ朝日系列で放映中)
 

 

2004年05月13日

[メディアの中のタイツ。]
【メディアの中のタイツ。】 女の子のお部屋訪問で見るタイツ。

  
 
■タイツはだしは貴重だ。 
それも外出着に身を包んだ女の子が靴を脱いで、
タイツに包まれた足を丸見えにしているシーンはある意味暴力である。
 
画像は某番組で「モノでいっぱいになったお部屋を片つける」というような企画で
出演していた女の子のタイツはだしシーン。
彼女は最初、このファッションにロングブーツをはいた姿で登場したのだが、
そのままの格好で自分の部屋に上がり、さらにはスタジオで家財道具一式を
広げて選別するシーンでまたブーツを脱いだ。
 
以前にも書いたことがあるが、靴を履いた生活がデフォルトである
ヨーロッパや中国では、靴を脱がされることが一種の刑罰だった時代がある。
靴は人間の尊厳の象徴であり、靴を脱がされた者は獣に貶められたことを意味したのだ。
 
日本人だけが外出着の姿で靴を脱ぐことに抵抗がない。
どうもこのような姿は西洋人の目には、エロティックというより「無様」に映るらしく、
このような写真がいい、という話を彼らから聞いたことがない。
日本人だけがタイツはだしのエロティシズムを理解する。
 
このような文化的背景の違いによるフェチ偏差は他にもある。
例えばあげるなら以下のようなものだ。
 
・ドイツや北欧のバルキータイツ第一主義。
・イギリス人のラテックス>ナイロンの素材差別。
・上海におけるパンスト体験がないゼンタイの異常な盛り上がり。
 
世界のタイツフェチの事情についてはこの先もタイツワールドの重要なテーマになる。
近いうちにその紹介をスタートさせるつもりだ。
 
そんなわけで日本代表のこのタイツはだしギャルに拍手。
 

2004年05月05日

[メディアの中のタイツ。]
「ケラ! KERA」は隠れたタイツ雑誌だった。


 
■ロリータ・パンク少女のバイブルで最近めきめきと部数を伸ばしている
ティーンズ向けファッション雑誌「ケラ!」をあなたは知っているだろうか。
 
昔はマニアックすぎて大きな書店にも2冊ぐらいしか置いてなかったこの雑誌も、
近年のロリータブームに乗って、発売日には平積みになる勢い。
内容もマイナーなものから、ファッションチェックなどが加わって、
よりメジャーな匂いのする「少女」雑誌になりつつあるのだ。
 
で、そのファッションチェックのページがタイツの嵐。
数えてみたところ、タイツ少女が約40人。
これは毎年9月に発売する10月号が「陰のタイツ特集」となる
「JJ」には及ばないものの、タイツマニアには見逃せないタイツ量である。
 
これほどまでにタイツが若い世代に
定着していることを示す雑誌は
今のところ「ケラ!」しかない。
書店で見かけたらぜひ学校帰りの少女に混じって
手に取ることをお勧めする。
(460円 (株)インデックス・マガジンズ発行)
 

2004年05月02日

[メディアの中のタイツ。]
【タイツinメディア】 雑誌「アッティーバ attiva」にパンスト付録がついてたよ。

★女性誌といえば「セブンティーン」と「JJ」と「KERA(隠れたタイツ本!)」ぐらいしか読まない私ですが、徳間書店からでている「アッティーバ」というチューネン娘。さん予備軍向けの雑誌にカロリー・オフ・ストッキングの付録がついていたので、ついつい買ってしまいました。
 
雑誌の付録にパンスト、珍しいです。 私は知っている中ではおととしにレディスコミックの付録に網タイツが付いていたぐらいで、今までありそうでなかったです。まあ、雑誌の付録にするにはパンストは生活感がありすぎるというところなんでしょうか。つまりアクセサリーや天然素材のバッグに比べると、はっきり言って夢がない。
 
そのタブーに挑戦しただけあって、この雑誌、カナーリ微妙に痛いです。なんたって第一特集が「今日から『捨てる女』になる! (モノ・腐れ縁オトコ他)」ですから。おまけにその付録パンストが豚さんマークで不評だったカロリー・オフ・ストッキング。はいただけでやせる効果があるといいながら、コンビニでよく半額になってるアレです。正直言って、あんまりほしくありません。コレクターズアイテムとしてとりあえず買っちゃいましたけど。(でも雑誌の表紙モデル、生脚じゃん・・・)
 
タイツワールド特製タイツを作るときには、だれもが「(・∀・)イイ!!」と思える素晴らしいものを作ろう、とあらためて強く決心したぷりんす。でありました。
 

2004年04月30日

[メディアの中のタイツ。]
気象予報士・半井小絵(なからい・さえ)さんのパンスト脚がついに見えました。

4430083814.jpg
 
★4月の番組改編で、NHKの21時58分の気象予報から、
19時28分という微妙な時間に異動なさったお天気アイドル・半井小絵さんですが、
数日前の春の嵐についてのニュースに緊急出演して、
その幻だったおみ足を全国20万の半井ファンの前に披露なさいました。
 
さすが日銀勤務だったという経歴を持つ半井さんだけあって、
品のよい白いロングスカートに、育ちのよさを感じさせる
ナチュラルストッキングがまぶしいレッグシェイプ。
念願だった半井さんのパンスト脚を見ることができて(おまけにキャプできて)、
もうぷりんす。はクラクラです。
(あの手に持った棒でぺんぺん、つんつんされたい)
 
これがもうちょっと寒いときだったら、きっと上品な黒タイツ脚が見られたろうになあ・・・
 
<<追伸>>シュポルト24様、ありがとう。
 

Menu

トップ
アネックス [PukiWiki]
プロフィール
タイツ小説
タイツコミック
掲示板
画像板 [会員制]
なれあい板 [会員制]
pictures
毎秒12万アクセスのスレッド
メール
tricotcafe by take

会員制エリアへのパスワード希望者はハンドルネームとプロバイダーメアドと自己紹介・サイトの感想を書いてメールください

Categories

Archives