2005年10月 Archives

2005年10月31日

[タイツトラウマ]
2ちゃんねるクリップ 「タイツを履いた女子=万能でかなわない」

可愛い男の子のタイツフェチのスレから心に残る書き込みがあったので。

 21 :名無しさん@ピンキー:2005/10/31(月) 19:19:08 ID:tYoCmh6g0
 スカートめくりが流行ってた小学生の中学年のある年。
 ○タイツを履かない時期
 女子はめくられるがままで完全に男子優勢
 ○タイツを履く時期
 スカートの女子は全員厚手のタイツでガードしてたせいで、リアクションも大幅に落ちて
 中にはナマ足の時はかなり嫌がってたのに平然としてる子もいた。
 逆に仕返しにタイツを履いてる男子を集団で女男とか言ってからかいだして
 明らかに女子優勢だった。

 俺はタイツっ子ではなくてスカートめくりも見てただけだけど
 女子との優劣を一気に逆転させてしまうタイツに軽い恐怖感みたいなのを覚えて
 トラウマからフェチになった。
 「タイツを履いた女子=万能でかなわない」みたいな図式が
 心の奥底にこびりついてる・・

素晴らしいお話ですね。無断引用スマソ

2005年10月29日

[スクールタイツ]
スカートの下の激情。

■自転車女子校生を見るたびに思う。
なぜ、サドルをスカートの中に入れて自転車をこぐ子がいるのかと。

写真の子の場合、スカートの中ではサドルが直にタイツおしりと密着しているわけで、
もし自分がサドルならと考えると、いても立ってもいられない。

彼女はタイツに包まれたおしりでサドルの感触をどう感じているのだろうね。
(写真:仮面タイツくん)

2005年10月25日

[バレエタイツ]
ひとみさんに花束を

■ある意味、タイツフェチの世界では伝説的と言っていいモデルさんがひとみさんだ。

デビューは衝撃的だった。
あるホームページに初めて彼女が登場したとき、
その伸びやかな肢体とスリムなタイツ脚、そして形のいいバストに
世のタイツフェチは嘆息したことだろう。

さらに。
彼女はバレエが踊れる。
スタイルがよくてタイツが似合ってそしてバレエができてタイツフェチに理解があるなんて
東のよしこ先生と西のひとみさんしかいない。

ひとみさんのすばらしいバレリーナぶりは名作「SMバレエ」で今でも見ることができる。
その美しいプリマぶり、そして彼女が女王様によって貶められていく光景は、
ある意味タイツフェチ界の奇跡だ、と映像を見ながらつくづく思うのである。

2005年10月24日

[つうこんのいちげき]
ウォームビズについて。

■クールビズはそれなりに社会のムーブメントになったが、
その二番煎じの「ウォームビズ」はどうもいまのところぱっとしないようだ。

クールビズが涼しい服装で部屋の冷房設定温度を高めにするのに対して、
ウォームビズは暖かい服装で暖房を節約しようというものだが、
先日まで私は「これで生足ギャルにもタイツ着用者が増えるだろう」と
実に気楽に考えていたのだが、つい最近恐ろしいことに気がついた。
ウォームビズが本当には流行したら、婦女子のスカートが長くなり、
タイツ脚がよく見えなくなるということに。

というわけでタイツワールドはウォームビズに、というか
タイツ脚を見えなくする長いスカートに猛然と反対します。

2005年10月23日

[タイツの仲間]
タイツな奥さん。

■仮にYさんとしておく。

画像はそのYさんの奥様である。
タイツは香港で買ったフォーガルのタイツ。
一万円近くしたという高級な逸品。

Yさんはそういうタイツを奥様に着用させ、こういう写真を撮り、
そして時にはボンデージの拘束具でタイツSMなさったりする。
なんとも美しい夫婦のタイツプレイ。(豊満なタイツヒップもね)
正直、激しくうらやましいではないか。

・・・でも奥さんは実はそんなにタイツは好きでなかったりするらしい(w

2005年10月20日

[スクールタイツ]
半そで、黒タイツカバコ、パンスト、茶タイツそしてうわばき

■もうあっという間に満貫な画像。
ここまで来ると異次元世界としか思えない。
タイツでない娘までニーソで、誰一人として普通のソックスをはいていない。
制服なのは間違いない。
うわばきで机があるから校内なのだ。
学園祭で撮られた画像だという。
なぜ左の彼女は茶色のタイツをはかなくてはいけなかったのか。
なぜ右の黒タイツ娘はタイツの下にアンクレットをしているのか。
みれば見るほど不思議な気分に襲われる。
21世紀のタイツフェチ界・奇跡の一枚。
(写真:アツギメイトくん)

2005年10月18日

[お知らせ]
祝・タイツワールド過去画像完全復活!

■9月半ばにタイツワールドのシステムが壊れて以来、
テイクさんのおかげでリセット以降、徐々に回復してきたタイツワールドですが、
本日を持ちまして過去画像のすべてを復元することに成功いたしました。
過去記事にはコメントやトラックバックは送れませんが、消えていた写真がみんな見られます。
とりあえず往年のタイツワールドの姿は元に戻ったということでテイクさんに深く感謝。

●追伸-えー、今月タイツワールドショップの売り上げがいまいちでして・・・
安いものでもけっこうですのでご協力いただけると助かります・・・

[スクールタイツ]
タイツ少女が走る。

■山形県での光景です。
少し髪にヒネリの入ったタイツ女子高生が走っている。
「わー、ちこくちこく!」って食パンを口にくわえてたら完璧だ。
ガクランを着て路地から飛び出して衝突する転校生役を演じてやりますよ、ええ。
「いたた・・・」と地べたにしゃがみこんだ彼女の短いスカートの奥が見えて、
あわててばっと隠されて「見たでしょ!」と言われたりしたら、もう思い残すことないです、はい。
(撮影:ミューくん)

2005年10月17日

[メディアの中のタイツ]
女性月刊誌「BAILA」11月号にの「タイツ新聞」の記事が。

  

■ウォームビズが流行るはずの今年の冬のファッションだが、
書店に並んでいる女性ファッション氏を眺めてもタイツの露出は低い。
唯一、集英社から出ている「バイラ」の巻末にカラー4ページで「タイツ新聞」という記事があった。
その記事によると、今シーズンのタイツは20デニール以下のストッキングのように薄いものか、
80デニール以上のスパッツのように厚いものが、無地のタイツの場合、トレンドらしい。
80デニールの流行はよいけど、タイツの中核をなす60デニールが流行らないなんてそんなバカな。
どうもこの手の女性誌はタイツフェチの期待を思いっきり裏切ってくれますが、
唯一の救いは表紙が思いっきりナイスなタイツ姿のモデルさんであったことでしょう。
(C)集英社

2005年10月16日

[タイツムービー]
女性がタイツフェチの青年を演じるという倒錯。

■手前味噌で恐縮ですが。

たいつるーむのタイツDVD「タイツストーリー3」が発売になったのだが、
この作品には男性は出てこない。
この作品に限らずたいつるーむの作品に出てくるのは女性ばかりである。
その中でもこの「タイツストーリー3」に出てくる女性は「タイツフェチの男性」を演じている。

ホテルの一室。
携帯電話を片手にズボンを下ろし、タイツ下半身をあらわにして
タイツオナニーにふける主人公。
その股間には作りものペニスがしっかりと存在を誇示している。
電話をする相手はタイツの訪問販売をするセールスレディ。
彼(彼女)はそのセールスレディを呼びつけて、タイツないたずらをしようと企んでいるのだ。

このタイツフェチの男性を演じる女性がひどく存在がなまめかしい。
自分がこういう外見だったら、と思うような存在としてとてもシンボリック。
この作品では実際にディルドーで女性のタイツに穴を開けて犯しているのだが、
そういう映像抜きにしても前半だけで十分興奮する。(特に実践派ならなおのこと)

前作「タイツストーリー2」では同じコンビでバレエの個人レッスンを受けにいく
フェチ男性とバレエ教師をとてもいやらしく演じていたが、
なぜか「タイツストーリー1」は欠番になっている。謎だ。

2005年10月10日

[スクールタイツ]
上履きのかかとを踏む学園祭娘。

■タイツをはいた脚で上履きのかかとを踏んだらエッチすぎるぢゃないか。

きみは気がついていないかも知れないが、
きみのその行為で激しくショックを受ける殿方が
この世には何人もいるんだ。

自分の学校の中だからと油断したのだろうけど、
学園祭なんて歩行者天国と同じだから、
どこにタイツ好きの殿方がまぎれているかわかったものぢゃないのだ。

おまけにスカートが短くてタイツに包まれた脚がむっちりしていて
そんな姿にもう目が釘付けで、ここが往来なら見とれてトラックにはねられちゃうところだ。
(写真:アツギメイトくん)

2005年10月08日

[タイツのココがすごいんだ]
重ねばき・まったく透けないタイツ・そして足の裏


 
■とりあえず過去ログがない分、狂ったように更新していますな。

原動力となっているのは街にちらほら出現したタイツの存在エネルギーで、
そういう事象にバカ正直に反応するプリンスのタイツ回路にタイツエネルギーが流れ、
あの夏枯れがウソだったかのようなタイツジェネレーターが轟然と回転を開始したわけです。
ゲンキンなヤツだと笑ってください。

タイツが好きな人間が反応するのは女性の生脚に対するその異物感だ。
だからタイツは厚くて肌が透けないほうが基本的には興奮する。
写真は写真集「志保」から2枚重ねてはいてもらったタイツ足の裏。
つま先にあるべき足の指が見えないタイツ足というのはそれだけで
かなりのファンタジーだと思うのだけど、どうだろう?

2005年10月07日

[アキバ。]
最近黒タイツメイド分が不足しています

■最近、血中脂肪値が高いせいで前ほど○ア・カフェに甘いものを食べに行くことができず、
アキバで唯一黒タイツミニスカの制服を見る可能性があるにもかかわらず、
ここ三ヶ月ほどで2回しかミニスカ黒タイツウエイトレスさんを見ていない。

自前のメイドさんたちに事務所の掃除に来てもらおうと声をかけたが、
体調不良や受験勉強や前髪の切りすぎなどでなかなか彼女たちも来てくれない。

そういえばアキバのラオックスのザ・コンの地下の「ウッド」の跡地が
めいどinじゃぱんというメイドカフェになるらしいが、「中世・洋館」ということで
ミニスカ黒タイツメイドさんは望めそうもない。

事務所の掃除に来てくれるメイドさん募集中。(制服&黒タイツ貸与)

[メディアの中のタイツ]
スリムウォークのCMはもっとタイツを前面に出して欲しい

■現存する唯一のタイツCMがこのスリムウォークなわけです。
タイツCMといっても登場するのはスリムウォークシリーズ5種のうちの一つ、
もうひとつ黒パンストも出てきますが、ビジュアル的にはハイソがメインで
タイツ好きとしてはさみしい限りです。

もともとこのスリムウォークのタイツ、値段が高い(税抜き3200円)ので
どうしたってそう普及するわけがない。コンビにでも売ってないしね。
おまけにはきごこちもきついので女の子には敬遠されそう。
やっぱりタイツは厚くてもやわらかく滑らかで、フィットしながらふわっとしていないとね。

2005年10月06日

[スクールタイツ]
シーズンはじめは昨シーズンの中古タイツで。

  

■心臓によくない画像が飛び込んできましたよ。

歩いているスクールタイツは動きのダイナミズムはあるものの、
動いていることによってその視認性が著しく損なわれる。
立ち止まっているスクールタイツは視認性はよいものの、
どうしてもそのフォルムが単調にならざるを得ない。

そこで電車内。
それも日当たりのよい日中の車内。
ブレイクした彼女の体勢は、非日常的で目が覚めるような鮮やかさ。
加えて日光に照らされたタイツはあきらかに昨シーズンはき古した使用感があって
デニール数の高い構成繊維の一本一本がくっきりとくだびれた風情を醸し出している。

そういえば、まだ街のタイツ売り場には厚いタイツが並んでいない。
(撮影:ななしさん)

2005年10月05日

[タイツコミック]
本格スクールタイツいたずらコミック「夏蟲」、初版は完売した模様

■以前タイツワールドでもお伝えしたが、9月末に発売された月吉ヒロキ氏の
「夏蟲」は売れ行きが好調で秋葉原のとらのあなでは早々と在庫がなくなっていた。
アマゾンでも「通常4~6週間以内に発送します」とのことで初版は異例の速さで完売したらしい。

この夏蟲、しぶしぶのオタ日記さんによると「問答無用で脳内殿堂入り」だそうで
タイツファンのみならず、一般のエロコミファンの恥骨にもメガヒットするクオリティを備えた
作品だということが改めて実証されたかたちだ。
今後作者の月吉氏がどのような作品を発表するか、いまから次回作が待ち遠しい。

[スクールタイツ]
スクールタイツプレ開幕情報。


 
■毎年のことながらこの季節は気もそぞろだ。

街にいつ黒タイツミニスカ女子高生が現れるかと思うと、いてもたってもいられない。
タイツワールドの画像掲示板には早くも東北のスクールタイツ女子高生の画像がうpされた。
初夏にツバメが帰ってくるように、「10月になったから黒タイツで学校行かなきゃ」と
寒さに後押しされたわけではなく、「地域に根ざしたタイツのルール」に従う
彼女たちの思考がいとおしくってたまらない。

「タイツなんか絶対はかない」という東京ルールとは逆に
「タイツをはかなければ女子高生ではない」というルールの希少性には
毎年のことながら、それを維持している彼女たちに頭が下がる思いだ。
がんばれ青森・山形・宇都宮・徳島・大分・熊本の女子高生たち。
(撮影:ITくん)

2005年10月03日

[タイツ歳時記]
黒い季節が来る。


■仕切りなおしてのスタートです。

気がつけばもう10月。
まだまだ街には半そでが普通に見かけられるが
今月の末には東京でも木枯らしが吹き始めるダイナミックは変動の季節。

波を待つサーファーのように穏やかな海面で暇をもてあましていたおれたちの季節が来る。

黒い脚、黒い脚、黒い脚。
三度唱えながら街を行けば、すぐそばに迫った婦女子の脚が黒く染まった風景の
鮮やかな幻が浮かんでくる。

[お知らせ]
タイツワールドblogをリスタートします

タイツワールドのベースになっているblogのシステムに
不具合があり、入れ替えをしました。
それにともない以下の点で変更があります。

●構成頁のURLが若干変更。
●過去ログを一時すべて撤去。(近日中に閲覧可能にします)
●コミック頁の再構成するため一時すべて撤去。

以上です。(タイツワールドお手伝い人)

Posted at 00:59 | コメント (33)

Menu

Categories

Archives