2006年11月 Archives

2006年11月27日

[タイツ小景]
テイクさんも御用達だった洋品店でアツギスエードライン160デニールを買う

    

■近所の店でタイツを買うのが恐ろしくて、
自宅からひと駅電車に乗ったところにあるこの洋品店に
若き日のテイクさんはタイツを買いに来ていたらしい。

時代はめぐってもこの店は律儀に営業を続けており、
(実はビルの大家さんで上には居酒屋のチェーン店が入っている)
いまでもアツギのスエードライン160デニールが買える。

アツギスエードライン160デニール。
国産厚地タイツの代表作。
飛行機に例えるならYS11、クルマに例えるならクラウンというところか。
とにかく暖かさなら無敵の160デニール。

アツギが1970年代の終わりにフルサポーティを一斉に売り出したとき、
このスエードラインもその一翼をになっていて、「タイツ」ではなく
「フルサポーティ」なのである、というような意味のわからない売り方をされていた。
(超厚地パンストということか? ミンクラインというのもありましたね)

時代は下ってフルサポーティという言葉が死語になりつつある今、
スエードラインのクリップパッケージにはひそやかに「タイツ」の三文字が。

今夜は冷える。
このスエードラインをはいたまま、ベッドにもぐりこもうか。

    

2006年11月24日

[パッケージ美術館]
あのウォルフォードが楽天で買えるようになったよ!

■日本から直営店が消えて幾星霜。
一時は幻のように消え去ったあのウォルフォードのタイツが
あのCOPOさんで買えるようになりましたよ。

世界最高といわれるタイツ群の数々。
アート的にもすぐれたパッケージは今も健在。
目玉が飛び出るような値段ですが、買わずにはおれません。
とにかく一度はいたら病みつき。

彼女のいる方はぜひクリスマスプレゼントとして
二人で楽しんではいかが?

              

2006年11月19日

[アキバ。]
イン・ザ・レイン

■ひさしぶりにアキバへ行った。

冷たい雨がが降りしきる中、
駅前にはもはや名物ともなったビラ配りの女の子の群れ。

その中に、ひときわ目立つ黒タイツの女の子。

そっとカメラを取り出し、レンズを向ける。

銀のデジカメのボディが彼女の視界に入ったのか、
私の方を向き直り、にこりと笑った彼女。

「イベントをやるんです。よかったらきてください」

ありがとう、と軽く会釈し、もらったチラシを握りしめる。

============================================

お待たせしましたw

水槻沙未ファーストイベント開催決定!!

~ここから始まる沙未物語~
#01『はじめまして!!水槻沙未です☆』

〈時〉 11月26日(日) 集合・受付10:45 START 11:00
〈場所〉秋葉原予定
[出演]水槻沙未
[参加費]3000円(ドリンク代込み)

~クレシェの定番となったイベント復活~
#02『沙未と一緒に萌え巡り・1』

〈時〉 11月26日(日) 集合・受付 14:15 START 14:30
〈場所〉秋葉原予定
[出演]水槻沙未
[参加費]3500円

※内容は参加される方が創りあげるイベントなので、参加者のみのお楽しみ♪


#03『沙未と一緒に萌え巡り・2』

〈時〉 11月26日(日) 集合・受付 16:15 START 16:30
〈場所〉秋葉原予定
[出演]水槻沙未
[参加費]3500円

※内容は参加される方が創りあげるイベントなので、参加者のみのお楽しみ♪

【定員】先着10名・#02、#03のみ 先着3名

※イベントに参加希望の方は11月22日までにクレシェへメールにてお名前、電話番号、参加希望イベントの申込みナンバーorイベント名を必ず明記の上ご連絡下さい。

※なお今回のイベントは、先着順となり定員になり次第受付を締め切らせて頂きますので予めご了承下さい。

http://www.h6.dion.ne.jp/~cresce/

============================================

えーと、ぷりんす。第一部行きます。
みなさんも一緒に行きませんか?

2006年11月18日

[タイツトレンド]
あなたはタイツにパンプス派? それともブーツ派?

  

■ミニスカタイツが裏原系の脚のぶっとい女の子だけではなく、
キレイ系のおねえさんにも受け入れられてる今年。

代表的なのは上の写真にあるようなパターン。
パンプスはカラーパンプス、ブーツはルーズフィット。
個人的にはショートブーツがけっこう萌え、です。


2006年11月15日

[タイツアート]
へたれタイツ妄想画。

タイツをはいただけの女性の口を後ろからふさぎ、
驚いて抵抗するまもなくナイフで腹を刺されてしまう。

これは自分がタイツ女性だったらというシチュエーションで
むかしから繰り返し見る白昼夢。

なぜかタイツマゾヒズムと死は意外と近いところにあって、
タイツをかぶせられて呼吸困難で苦しむシチュエーションも好きだし、
タイツ自体で首を絞められる妄想も嫌いじゃない。
ただし、もし自分がタイツ女性だったら、という条件付ですが。

恥をしのんで妄想画の公開をもうちょっとやってみます。
左:タイツ熟女におもちゃにされる若き日の自分。
中:ハプニングバーでやってみたい。
右:タイツをはいただけで気持ちよくなっちゃってる女性化した自分。
難儀なものです。

    


2006年11月14日

[スクールタイツ]
凶悪スクールタイツ総露出面積MAX

■これだけスカートが短ければ、ちょいと前屈しただけでタイツおしりが丸見えだ。

私は心の底から同情する、この彼女の同級生の男子生徒に。
彼女は彼をひどく傷つけていることに気がついていない。

それどころかその幻影がデジタル画像となって遠く離れた我々を
ひどくくるしめていることすら自覚していないだろう。

タイツは時として凶器となる。
そのタイツをこのような丈のスカートとコーディネイトすることは
ある意味不注意で歩行者をはねてしまった若葉マークの女の子より始末に負えない。

どうすればいいのだ?
どうすれば?
いかに?

この苦しみを分かち合う兄弟たちに幸あらんことを願う。
(撮影:solidくん)

2006年11月12日

[フェチッコ]
るみ・妹タイツ

  

フェチッコさんの作品紹介です。

タイトルは「るみ・妹タイツ」。
いかにも妹キャラの彼女は黒いニットにタイツにブーツ。
甘えるような視線をレンズに送り、自らの下半身を覆うタイツを
少しずつ見せてくれます。

解像度のよい画像は、彼女のタイツのつま先についたほこりまでを露わにしてしまう。
「おにいちゃんのためにタイツをはいてきたんだよ?」
そんなセリフまで聞こえてきそうな場面の数々。
寒さがつのる秋の夜長、ぜひご賞味ください。

[タイツ歳時記]
とりあえず、タイツ。

■とりあえずタイツ、であるらしい。

デニムのミニスカもハーフパンツもバルーンスカートも、
とにかくタイツで纏め上げちゃう今年の風潮。
原宿で、歌舞伎町で、池袋でタイツは街を席巻していた。

このブームがこわい。
ブームはいつか去る。
残されたのが反革命、タイツの駆逐であった日には目も当てられない。
だから気楽にタイツブームに乗れないでいる。
街には黒い脚が闊歩する。
おれは少し下を向き、足早に歩く。

2006年11月07日

[タイツゲーム]
登場キャラが全員スクールタイツ! 驚異のタイツゲー「ましろぼたん」

■ありえない。
いくらタイツキャラがヲタク界に認知されているとは言え、
こんなゲームは絶対にありえないはずだ。

2007年冬にFizzから発売予定の18禁のギャルゲー、「ましろぼたん」のことだ。

まずここを見よ。

「登場ヒロインは全員タイツっ娘。学園制服には黒タイツを採用。
ましろなのに、黒。
制服姿のエッチシーンでは学園シチュエーションに加えて
タイツならではのちょっとフェチなプレイも!
制服以外のコスチュームや私服でも黒タイツ率高し」

で、以下の会話。

山田
「はっ……? すまないマドモアゼル。
 猛り狂う黒き滑らかな輝き(“黒タイツ”と書いてそう読む)が、
 一時俺の心を惑わせていたようだ……まっこと恐ろしきものよ……まさに魔物!?」

ましろ
「黒タイツに関しては、雑誌にはすでに掲載されているので、
 そちらでご覧になった方も居るでしょうね」

山田
「通常のイベントCGは勿論、あんなシーンやこんなシーンでも黒タイツにこだわった内容となっている。
 ……この辺はWEBや雑誌にて追って紹介してゆくことになるだろう……楽しみにしててくれ!」

陽子
「ところで、どうしてみんな黒タイツなのかしら?」

真白
「それは……大鳥学園の校則に、女子がタイツを着用する場合は紺、または黒のものとする…
 …って書いてるからですよ。これはホントの話」

ましろ
「柿崎のタイツは何デニール? わたしは60だけれど」

真白
「わたしも60。校則でデニールは決まってないけれど…
 …80以上だとちょっと厚い気がするんだよね。でも40とかだとちょっと薄いし」

山田
「デニールとは、糸の太さの単位。
 デニールが高ければタイツの色は濃くなり、低ければ薄くなってゆくのだ!
 何と神秘的な……」

陽子
「でも、みんな私服でも黒タイツなんでしょ?
 まだプライベートな服装の絵は発表されてないけど……これはどうしてかしら?」

ましろ
「冬のスカートはとても寒いから……タイツを穿くと脚がかなり温かいですよ」

真白
「太陽光を吸収してくれるし、冬場はやっぱり黒がいいよね」

ましろ
「うん。妹も黒いの穿いてるし。みんな黒タイツが好きなんじゃないのかな」

陽子
「つまり、たまたま黒タイツを愛用する女の子が集まった……と解釈していいのかしら?」

真白
「えーと……そういうことにしておいてください。あはは」



・・・・・・
タイツワールドはましろボタンを全面的に応援いたします。


Fizz 『ましろぼたん』 おうえんバナー企画参加中♪

2006年11月05日

[スクールタイツ]
スクールアーガイルタイツ。

  

■某女子大生の友人が言うには「今年はタイツだらけ」だそうで、
それなのに街にあふれるミニスカデニム&黒タイツ&パンプスのことについて書けない俺ガイル。

そんなこんなで苦悶していたら見つけてしまった奇跡のスクールタイツ。
彼女はおしりまでアーガイル模様に覆われているのだ。

どうしてそんなタイツをはいて学校に行くの?
アーガイルのタイツに学校の制服だなんて恥ずかしくないの?

いままでにも白タイツ女子高生、柄タイツ女子高生の画像を見たことがあるが、
まさかアーガイルタイツ女子高生を見かけてしまうとは。
ああ、埼玉恐るべし。

Menu

Categories

Archives