2007年11月 Archives

2007年11月30日

[カラータイツ]
楽天市場のカラータイツおねえさんたち

■楽天市場だってお店ですからね、ただ商品の画像をおいておけばいいってものではないです。
というわけでまずは「夢展望」の素敵なタイツおねえさんともみちゃんっておいうんですね。
思わずファンになってしまいそうです。

■さてお次は「into」のおねえさんデニムのショートパンツに赤いタイツふとももがまぶしいです。
こういうnonno系の娘のカラータイツは妙に心に残ります。(個人的な趣味ですが)

■最後は「SAKURA PLACE」のおねえさん
仕事とはいえ、5足もはいてくれたんだなあ、と思うと胸が熱くなります。
以上、楽天のタイツおねえさんでした。

2007年11月27日

[スクールタイツ]
変わりスクールタイツ三態。

    

■最近、表の更新がおろそかになっててすいません。
シーズン真っ盛り、いろんな画像が集まってきてわくわくです。

左は広海くんが撮ったパンプススクールタイツ女子高生。
何でパンプスなのか。
昔のツッパリ女子高生もパンプスみたいのはいてたなあ。
よく見るとバッグも女子高生らしくない集団です。

中央は黒逸くんの撮った茶色タイツ女子高生。
この子もなんか靴が普通のローファーじゃないような。
世の中いろんな着こなし・はきこなしがあるんですね。

最後はと~らくんの作品。
網柄ストッキング女子高生。
同級生の男の子たちは大変だろうなあ、とつくづく思うです。

2007年11月26日

[ポッドキャスト]
タイツワールドミッドナイト第15回。奈々ちゃん、秋葉原で路上タイツ撮影会。

■晴れた日曜の秋葉原の歩行者天国にはデジカメやビデオカメラを持った人が
うろうろと獲物を求めて徘徊している。
露出の大きいコスプレイヤーが通ると、「一枚いいですか?」と呼び止め、
撮影を始めるや否や、獲物を見つけたハイエナのようにわらわらとカメコが集まってくる。

はたして、タイツは彼らのターゲットになりうるのだろうか?

特にタイツフェチではない人々にとって、タイツはどれほどの価値を持つものか。
そう考えて我々は奈々ちゃんにカラータイツをはいてもらって荒野に放った。
呼び水としてわれわれ三人がカメラを構え、さりげなく撮影を始める。
通りかかった何人かがつられて彼女にカメラを向ける。

するとどうだろう。
数人だったカメコはいつしか20人を超える大集団に。
ターゲットはミニスカから伸びるオレンジのカラータイツ脚。
こちらがストップをかけるまで撮影は続いた。
つまり、オレンジタイツの奈々ちゃんにはカメコの足を止めるだけのものがあったということだ。

というわけでお聞きください。

【今日の一言】
「あえてサドであることは否定しませんよ?」

感想のコメント、彼女へのファンレター大・大・大募集中!
次回の収録のときに読ませていただきます~!
なお彼女の新芸名も募集してます!
※iTunesをお使いでない方はここから
ここをクリックすれば一発でiTunesに登録できます

2007年11月23日

[フェチッコ]
君、ちょっとその恥ずかしい格好はなんですか

■タイツがいやらしいのは足を覆っているタイツがずっと上のほうまで、
お尻とか股とかを覆っているからだ。

だからタイツ脚を見たわれわれは、たとえスカートやショートパンツで隠されていても、
タイツに包まれた腰回りを想像して熱くなることができる。

ピンクタイツの女の子のお尻はぴんくいろ。
ブルータイツの女の子のお尻はまっさおだ。
そしてパープルタイツの女の子のお尻はこんな風になっている。

(おい、恥かしくないのかよ!)
声にならない声を上げ、色の付いたお尻を何とか我が物にできないかと
むなしい思いが風に吹かれて飛んでいくのさ。

フェロモンタイツ PART1 (250ページ 着用タイツ:JEAN PATOU JP-1500(60デニール) 色:ナクル)

2007年11月22日

[カラータイツ]
カラータイツな彼女が全国的に増殖しているようです。うらやましい。

 

■今までタイツなんて見向きもしなかった彼女が得意げに
カラータイツをはいて、彼氏の家に遊びに来ちゃうらしいです。
いいですねえ、若い人は。(てゆかカワイイ彼女のいる人は)

私などは「タイツをはいていれば誰でもいいです」と正直に言ってしまうので、
女の子にあきれられて、なかなかラブラブな関係には進展しません。
大事なのはほめてほめてほめること!

写真が撮れたらぜひ会員制画像掲示板で見せっこしましょう。
(左:GEOくんのタイツ彼女 右:shinくんのタイツ彼女)

2007年11月19日

[カラータイツ]
アキバの歩行者天国でカラータイツゲリラ撮影会。

■ポッドキャスト収録の一環として予告どおり奈々ちゃんに
ミニスカ&カラータイツをはいてもらいましたよ。

当日は歩行者天国ということも会って、カメコのみなさんがたくさんいらっしゃって
路肩で撮影をしていたらものすごい勢いで人が集まってきて
大変なことになってしまいました。

この模様は土曜日更新のタイツワールドミッドナイトにて。

2007年11月17日

[タイツ小景]
片方の靴をなくした彼女はタイツ足で歩いていったのか

■駅のホームでのひとコマ。
なぜ彼女が靴を片方なくしたのかはわからない。
わかるのは彼女がタイツだけの右足で地べたをじかに踏んでいたということ。

タイツは切ない。
温泉に行っても足湯には浸かれないし、
海辺へ行っても靴を脱いで波と戯れることなど出来ない。

この彼女もタイツを脱げないでいる。
タイツに包まれた足先をみんなに見られている。
さらには通りかかった人にタイツ足先の写真を撮られてしまっている。

タイツだけに右足で地面を踏みしめて歩く感覚は私にはわからない。
彼女が家までそのまま帰ったのか、誰も知らない。

2007年11月13日

[スクールタイツ]
一本道を行くスクールタイツ、一路学校へ

■目を細めて彼女たちの後姿を見送る。

見えない力が彼女らにそろって黒タイツを着用させ、
ひたひたと同じ道を歩ませる。

まだ雪が降らないこの時期、
彼女らは制服のジャケットだけを羽織った身軽な姿でタイツをはく。

濃い漆黒の高デニール数タイツ。

薄々な30デニールなんかじゃだめだってことを
彼女たちの下半身は知っているのだ。

行きますか、学校へ。

私はただ目を細めて彼女たちが歩み行く姿を見送る。

(画像提供:k-menくん)

2007年11月12日

[タイツのココがすごいんだ]
タイツおねえさん、ウエストゴムが背中から見えてますよ?

■上の画像は広海くん撮影の「ウエストゴムちら見せタイツおねえさん」。
背中からのぞくタイツのウエストゴムといい、ひざの裏のタイツのしわといい、
素晴らしいショットですね。

しかし最近の若い女の子はどうして寒いときでもおなかや背中がすぐ出る服を着て
平気で外を歩けるんでしょうか?
私などは「シャツのすそはズボンの中に入れないとおなかを壊すよ!」と言われて
育ったクチなので、いまだにジーンズの中にシャツのすそを入れてしまいます。
もっともわれわれの場合はうかつの背中を見せてタイツのウエストゴムが見えても
誰もよろこばないですからねー。

んでもって下の画像はうらはるこんくん撮影の決定的瞬間、
「ショートパンツのウエストがゆるくてずり下がってタイツおしり半見せカラータイツおねえさん」。
さすがにこのときは周りの人もじろじろ見ていたそうですよ~。

  

2007年11月10日

[ポッドキャスト]
タイツワールドミッドナイト第14回。相川奈々ちゃん、タイツなセリフ炸裂。

■体調不良で更新が遅れました。
お待ちかねの相川奈々ちゃんの2回目の登場です。
今回は前回にも増して恥ずかしいセリフが連発で。
次回はなんとアキバのホコテンでデニムのミニスカにカラータイツ!?
初音ミクのオリジナルタイツソングも入ってますよ!

【今日の一言】
相川奈々と初音ミクは仕事を選びません!

感想のコメント、彼女へのファンレター大・大・大募集中!
次回の収録のときに読ませていただきます~!
※iTunesをお使いでない方はここから
ここをクリックすれば一発でiTunesに登録できます。

それにしても機材(特に自宅用マイク)がダメダメです。
プリアンプつきのミキサー新調します。

2007年11月07日

[タイツのココがすごいんだ]
羞恥ミニ+タイツに対する女の子の言い訳

  

■「スカートが少し短くったってタイツをはいているから平気」

女の子はそんなことをエクスキューズにしてこういう格好をするわけです。
ミニに限らず、デニムのショートパンツにタイツで切り返しを平気で見せてしまったり、
恥ずかしいカラータイツで職場に出勤してしまったり。

そのすべてが流行で許されてしまうのだから腹立たしい。
もっとも「タイツはエロだ、タイツは恥ずかしい!」と叫んでいるのは
このサイトぐらいですから世間一般の婦女子にはそんな声は聞こえません。
いや、聞こえない振りをしている。

恥ずかしいタイツおねえさんに罰を。
それがこのサイトの存在意義かもしれません

2007年11月05日

[パンスト]
タイツブームの影でひそかなパンストの危機。

■パンスト原理主義者には悲しくなるようなお話。

本当にパンストが売れていません。(メーカー関係者のお話)
特に店頭。買うのは中年の婦人ばかり。
あとわずかなOLのおねえさんたち。
とくにブラウン系は全滅状態だとか。

今の若い娘さんもバイトや就職活動でパンスト初体験する子が多いです。
それぐらい、非日常の衣料になってしまったパンスト。
昭和50年代の公立校に制服にカラーパンストの女の子がいたのが夢のようです。

いかん、いかんぞ、パンティストッキング。
メーカーはもっと危機意識を持って欲しい。
はっきり言って購買層の拡大を真剣に考えているのは
グンゼとアツギだけのような気がする。

パンストの火を消すな。
若い娘にもっとパンストを!
(画像:お隣の国のパンスト女子高生 撮影:NS4Drくん)

【追伸】 そうそう、最近アツギの「ミラキャラットガール・キャンペーンブログ」が熱いっすよ!

【関連】
女子パンスト着用促進プロジェクト・グンゼが本気を見せている。

2007年11月03日

[カラータイツ]
カラータイツの店頭在庫が全滅状態。

  ■ないのである。
  Copoも靴下屋も在庫があるのは黒ばかり。
  特にピンクとパーブルの在庫は壊滅。
  まさか業界もこれほどカラータイツが売れるとは
  思っていなかったのだろう。

  もちろんおしゃれな女子は流行を先読みして
  とっくにカラータイツを買い込んでいる。
  あわてているのは流行に疎い、ちょっと垢抜けない娘たち。
  そんなわけで今のカラータイツさんはおしゃれ系が多い。
  せっかくなんだから子供にも波及して欲しい、この流行。
  将来に向けてタイツ遺伝子の拡散希望。

      

2007年11月02日

[フェチッコ]
秋の夜長、OL・ちなつ&女子校生・エミの黒タイツにまみれる。

■世界最大のデジタルタイツ写真集の宝庫・フェチッコさんの新作2本をご紹介。

まずは着せ替えOL・Chinatsu
ちょっとサディスティックな吊り目のスレンダー美人・ちなつさんが
かちっとしたOL服に30デニールのチョイ透けタイツであられもないポーズ。
ひざの裏のタイツのしわと切り返し部分の露さが見る人の胸を高鳴らせる。

そんな姿からカジュアルな服に着替えてデニムのショートパンツに黒タイツ。
タイツもはき替えてイビチからダイヤ柄のレリッシュ。
デニムとダイヤ柄というミスマッチが恥ずかしい。
おまけにショートパンツのウエスト部分からタイツがのぞいてしまっている。
それもノーパンタイツだったりするわけです。

息もつかせずにベージュのパンティストッキングをワンピースにノーパンで。
そんな姿でスカートをめくり、センターシームのマチ部分にもじもじとタッチします。
ああ、彼女が自分だけに見せてくれるタイツショウ。
抱きしめたい。タイツ姿のちなつを優しく激しく抱きしめたい。
ふたりできつく抱き合って南の海に沈んでいってしまいたい。
薄れ行く意識の中で、ちなつに耳元で「タイツ・・・」とささやかれたい。
(全350ページ:2480円)

■次に紹介するのはプリティバーバリアン・エミ part1
カゼでガッコ休んじゃった主人公にに、美少女同級生・エミちゃんが
スクールタイツにバーバーリーのミニスカートでプリントを届けに来てくれるわけです。
それも80デニールの真っ黒タイツ。
エミちゃん、さっきから落ち着かない。心なしか様子がヘン。いったい彼女になにが?

ミニスカートに隠れたタイツおしりをモジモジさせたり、
挙句の果てにはソファの手すりにまたがって、上気した顔で振り返る。
そしてスカートに手をかけた彼女はそろりそろりとタイツヒップをむき出しにしてゆく・・・
「タイツって、エッチな気分になっちゃうよね・・・」
彼女がそんなことを言った。幻聴?
僕はもう自分が何を見ているのか、すっかり混乱してわからない。(つづく)
(全270ページ:1980円)

その他のフェチッコ作品はこちらから

2007年11月01日

[スクールタイツ]
タイツブームの中で女子高生は黒タイツを制服の選択肢に入れるか?

■自分のタイツフェチの原点は子供の頃にはかされた黒タイツだが、
見る方の原点はまぎれもなく女子高生のスクールタイツ(当時はスクールパンスト)である。

北海道・青森・岩手・山形・宇都宮・徳島・神戸・熊本といった地域以外では
黒タイツの女子高生は本当に減った。
女子高生のタイツ姿が減った最大の原因は1990年代からの生脚ブームである。
ルーズソックスに代表されたその流行はタイツを帰りの駅や電車の中で脱ぎはき替える
女子高生まで生み出し、さらにはアトピーの流行がタイツ強制の校則を無力化した。

1998年に「スクールタイツ委員会」というホームページをはじめて以来、
毎年タイツ女子高生が減る現状を嘆き続けてきたが、果たしてタイツブームの今冬はどうか。

先日都内へ出かけたときには日曜にもかかわらず、制服に黒タイツの少女を
ちらほらと何人か見かけた。
「タイツワールドミッドナイト」の収録でゲストの奈々ちゃんと話をしたときにも、
学校にはタイツを選択する生徒が何人かいるという情報を聞いた。
それでも浮かれてはいけないと思う自分がいる。
期待するな、期待しないでブームが起こればめっけものだ。

今日から11月。
首都圏のスクールタイツ解禁の成果はいかばかりだったのだろう。
(画像は会員サロンより、SS Mくんの作品)

Menu

Categories

Archives