2009年07月 Archives

2009年07月29日

[ポッドキャスト]
タイツワールドミッドナイト番外編・原田美佐(仮名)ちゃんと遊んだよ。

 

■エー、ついに生原田美佐ちゃんに遭遇しました。
カラオケボックスのタイツ生履き&恥ずかしいセリフを収録してきましたよ。
生原田美佐ちゃんはお肌がつるつるでした。
タイツに透ける自前のパンティがナイス!

彼女から撮影に使った生ばきタイツのプレゼントを抽選で1名様に!
とりあえず「タイツプレゼント希望」のメールください。

なお新作はヒキハギタイツ 俺とタイツとハラダミサ ~Scene9~です。
パンスとの上にトレンカを重ねばきした彼女にどんなお仕置きが?



※iTunesをお使いでない方はここから
※iTunes使ってる人はここをクリックすればiTunesに登録できます

2009年07月28日

[YouTube]
黒タイツ娘。の黒タイツ林。

■いまや誰がいるのか一人も知らないモーニング娘。ですが
今度の新曲「なんちゃって恋愛」の衣装と振り付けが凄すぎます。
まるでミアカフェの新制服に黒タイツ、そしてバレエ風のダンス。
PVつきの初回限定版は8/12発売!


なんちゃって恋愛(初回生産限定盤B)(DVD付)
なんちゃって恋愛(初回生産限定盤B)(DVD付)モーニング娘。

UP-FRONT WORKS 2009-08-12
売り上げランキング : 474

おすすめ平均 star
star大人路線で聞かせる曲
star曲はいい
starモモモ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009年07月26日

[YouTube]
テイクさんをもうちょっとで死に至らしめた豊崎愛生のむちむちグレータイツ

トリコットカフェのタイツ絵描き・テイクさんはどうも「けいおん!」放映以降、
唯の中の人・豊崎愛生(とよさき・あき)にぞっこんらしく、
ゲーマーズにポスターをもらいに行こうとして品切れを食わされたりしているらしい。

そのテイクさんがついったーで「死ねる」とぼやいていた豊崎愛生の動画がこれです。

声優さんて脚を出すファッションが好きな人が多いよね。
必然的にタイツ率も高いです。露出面積も大きめです。
感じて欲しい、そんな気持ち。

2009年07月24日

[ぷりんす。]
たいつ・ついったー。

まあツイッターなどをやっているわけです。
http://twitter.com/princetights
で、テイクさんとかうらはるこんさんとかライックラー将軍たちと日常の呟きを
興味のある方はどうぞフォローしてください。

あ、将軍のブログ。
http://neotightron.blog.shinobi.jp/

なんか「ブルマタイツ」のキーワードで来場される方が多いようですよ~www

2009年07月12日

[タイツNOW]
やっとこの時期になって本物タイツを正しく見られるようになった。

■もうね。

去年の秋から冬~春はあまりのタイツ女子の多さに
完全に精神的にタイツダメージを受けていて、生命力が削られていくという珍しい体験をしました。

シーズン真っ盛りに横浜駅に西口に来てごらんよ。
もうあらゆる凶悪タイツの競演だよ、いや狂宴。
本当にどのタイツも心臓を直撃するような完成度。

言い訳をするようですが、そういう場に居合わせて正直、
タイツについて表現することがどうでもよくなってました。

もうスーパータイツに囲まれてバカになってただ感じて満たされてしまって成仏。
気の利いたエッセイのひとつも書けやしない。

やっと。

やっとですよ、街からタイツが減って、渇望感がよみがえったのはホントつい最近。
にせタイツの群れの中から真っ黒な腰からつま先まで多い尽くしているはずの黒タイツ娘を
発見して追跡。(撮影はしない。いや、横浜じゃ出来ない。)

ああ、おれは生きている。

2009年07月08日

[お知らせ]
有料会員サロン5名だけ追加募集。

6月末日を持って会員サロンの年間更新を終了したのですが
5名欠員が出ましたので興味のある方は prince@tights.jp
「案内希望」というタイトルでメールください。
以前定員でお断りした方がいらっしゃったら優先的にご案内します。

2009年07月04日

[ゼンタイ]
ゼンタイマンガだってよ、ありえねええええ!

  

■長生きはするものだ。
まさか本格ゼンタイフェチコミックを小学館のコミック誌で読める時代が来るとは。
作者は小林じんこ。
私のようなオールドファンには初期のヤングマガジンを支えた天才という印象が強い作家だ。
その彼女になにが起こったのか。

本当にゼンタイのマンガなのである。
全身タイツじゃない、「ゼンタイ」のマンガなのだ。
ありえねえ。まったく持ってありえねえ。
掲載誌は小学館の「IKKI」8月号。
巻頭カラーでゼンタイのファスナーを閉めるシーンですよ。

内容については深く触れない。
とりあえず興味のある人は買うべきだ。
なので最小限の紹介になることを許して欲しい。

「なんだ、これ!?」と言うしかないだろ?
タイツワールドならぬゼンタイワールドですよ?

主人公はなぜかゼンタイを持っている。
そして若い彼はそれを自由に着る場所がなくて悩んでいるのだ。

さて、おれも久々にゼンタイを着るかな。

月刊 IKKI (イッキ) 2009年 08月号 [雑誌]
B002CS68YU
小学館 2009-06-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009年07月03日

[タイツアニメ]
マリの黒脚はタイツじゃなかった

■というわけで「ヱヴァ破」、見てきました。
以下ネタバレなので未見の方注意。

一言で言うと途方にくれる映画です。
特に前作を見ている人は特に。
「ヱヴァ序」にあったきっちり感がなくなって、
悪い夢を見ているような気分になります。

物語を破壊するのはマリです。
いきなりブザイクな仮設五号機に乗って日本ではないネルフの基地で
見たことのない使徒と戦って勝つのです。

で、そのマリが日本に現れる。
一番ショックだったのは彼女の黒脚がタイツではなくニーハイだったことですw

その一方でトータルエンクロージャー好きにはたまらない描写もあります。
恥ずかしいデザインのアスカのテスト用プラグスーツ。
彼女がその大胆なデザインを気にしている姿が可憐です。

そしてマリは日本のネルフのプラグスーツを着て「ぴったりして気持ちいい!」と
胸をぷるんとさせながら言うのです。

それでもトランスフォーマーなんかよりはずっと興奮できます。
脳の一部がしびれたようになって、なかなか眠れそうもありません。

Menu

Categories

Archives