2011年01月 Archives

2011年01月24日

[スクールタイツ]
【連載その1】solidくんの世界

■今日から紹介するこのコラムは広告です。
なので広告臭が好きではない人にはちょっとお勧めできないかもしれない。
だがもしあなたがこの画像に心乱されるものがあったなら
ちょっと読んでいただく価値があるかもしれない。

solidくんとの付き合いは長い。
もう思い出せないくらいにむかしに東北の某県のタイツ女子高生の写真を
送ってくれたのだが、その当時から彼のタイツ画像が群を抜いてすばらしかった。

彼が撮ると黒いタイツが明るいのである。

黒の中の色。
冬に咲く花。
少女たちのナイロンに包まれたやや脂肪の厚い脚。

そんな魅力を5日に渡って語ってみようと思う。

tights addict

2011年01月20日

[メディアの中のタイツ]
ブラタモリの

久保田アナのショーパン黒タイツは確信的犯罪。
一日はいて歩いたタイツが欲しい。

2011年01月06日

[スクールタイツ]
街には無造作な110デニールスクールタイツ女子高生がいっぱい

■そうなのだ。
生脚最後の牙城・公立校のミニスカ女子高生すら110デニールのタイツをはいているのだ。

「タイツなんかはいていったら引かれる」
かつて私にそう言った女子高生がいた。
女子高生のアイデンティティーは生脚のミニスカにあるのだから、と言いたげだった彼女。
時代はめぐって「寒いんだからタイツでしょ」と電車の中で平気で口走る制服女子高生もいる。

100匹目の猿、という話をテイクさんに聞いた。

宮崎県串間市の幸島に棲息する猿の一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動を取る猿の数が閾値(ライアル・ワトソンは仮に100匹としている)を超えたときその行動が群れ全体に広がり、さらに場所を隔てた大分県高崎山の猿の群れでも突然この行動が見られるようになったという。このように「ある行動、考えなどが、ある一定数を超えると、これが接触のない同類の仲間にも伝播する」という存在しない現象を指す。

ある街で一人の公立女子高生が黒タイツで登校した。
学校にはもとよりタイツを強制する規定などない。
黒タイツの女子高生が一人、二人と増えていき、
ある数を越えた時に隣の街の女子高生に伝播した。
彼女らはあくまでも自然に、無造作にタイツをはいた。
朝夕の駅にはタイツ女子高生の姿が増えた。

しあわせすぎる。

Menu

Categories

Archives